管理部門(経理・人事・法務・総務)転職もJACリクルートメント

ここでは管理部門の方が転職するときに利用して欲しい『JACリクルートメント』を紹介したいと思います。管理部門というのは、開発や営業のように会社の利益に直結したものではなく、それを補助する部門のことです。経理や人事、総務など利益を生み出さないのが管理部門の共通点で、転職をする際にはコツがありますので参考にしてください。

 

管理部門の人が転職するには

まず管理部門で重要なことは、自分が担当してきた仕事をきちんと説明できるかどうかです。例えば総務であれば、自分が行った仕事でどのように業務が改善できたのかなどを具体的に説明できる必要があります。管理部門の仕事というのは会社それぞれで、人事部といっても、採用だけをやっている部門、研修だけをやっている部門、人事考課だけをやっている部門、社会保険だけをやっている部門など、極度に細分化されている場合もあるでしょう。自分は社会保険の専門なのに、新人研修の能力を期待されては困りますよね。相手が何を求めていて、自分が何ができるのかをきちんとアピールできなければいけません。

 

また管理部門に限った話ではありませんが、コミュニケーション能力というのはやはり必須でしょう。特に管理部門は他の部門がきちんと仕事できるように支えたり調整したりするのが仕事ですから、コミュニケーション能力の高さを積極的にアピールしましょう。他にも自分の業務に必要な資格やスキルを持っていればアピールしておくのがいいでしょう。なかなか管理部門というのは実績を説明しづらいのですが、資格を持っていればそれを証明しやすいですね。もし現在持っていない資格であったとしても、今後勉強する意志があることを示しておくことが重要です。

大企業と中小企業の違い

ところで、管理部門の人が転職する場合には、大企業と中小企業では違いはあるのでしょうか。企業規模が大きいほど管理部門の規模も大きいため、大企業であれば管理部門で働いている人もとても多くなります。少し上の方にも書きましたが、人事部の中で採用を担当している人でも、中途採用だけを専門に担当していて、新卒採用にはまったく関わらないというような場合もあります。こういった企業では、その担当業務で、どれだけ自分が専門性を発揮できるかが重要となってきます。逆に企業規模が小さければ管理部門の規模も小さくなり、1人あたりの担当範囲が幅広くなっています。中小企業であれば、経理と総務と人事が一体化していて、数人で回しているなんてこともめずらしくはありません。こういった企業では、高度な専門性よりも、幅広い知識と経験が重要となってきます。

 

 

自分がどのような働き方をしてきて、これからどのように働いていきたいかを考えて、転職先を選ぶといいでしょう。そのためには、相手の企業がどのような能力を持った人間を欲しているのかをよく理解することが大切です。もし管理部門の方で、転職を考えているのであれば『JACリクルートメント』を利用してみてはどうでしょうか。細やかな対応をしてくれるはずです。

経理・人事・法務・総務など管理部門の求人|JACリクルートメントの評判と口コミ関連ページ

年収1000万以上の求人
外資系・グローバル企業の求人
女性の転職におすすめ

このページの先頭へ戻る