『JACリクルートメント』の求人紹介を受ける

『JACリクルートメント』利用する際、カウンセリングなどを受けた後にいくつか求人の紹介を受け取ります。この求人の紹介については、おおよそ以下の3つの種類に分かれるでしょう。

 

(1)紹介できる求人がない
(2)希望と異なる求人が紹介される
(3)希望通りの求人が紹介される

 

このそれぞれの場合について、どのように転職活動を進めていけばよいのでしょうか?

 

 

紹介できる求人がない

転職エージェントを利用した転職は、不動産会社を利用して物件を探すこととよく似ています。もし、希望している条件が極端に良いものであるならば、紹介できるような求人はどんどん少なくなっていきます。したがって、紹介できる求人がない、という結果を受け取ったとしても『JACリクルートメント』が悪いとせずに、少し考えなければなりません。

 

この状態は、希望している条件とあなた自身の市場価値がマッチしていないという問題が起こっているのです。この問題を解決するには、条件を少し妥協するのか、その条件に合うように自分自身のスキルを磨いたり経験を重ねたりするのか、基本的にはどちらかしかありません。この問題を冷静に受け止めて、どのように解決するのかを考えてみると良いでしょう。自分自身で考えても悩んでしまってなかなか解決しない場合は、キャリアアドバイザーに相談するという方法もあります。

 

また、求人の数は増えたり減ったりするもので、そのときの社会情勢などにも大きく影響されます。たまたま、今の時期には希望の条件にマッチする求人がないという場合もあります。したがって、社会情勢などもよく観察しながら、良い時期まで待つという選択肢もあります。やはり、物件探しと似ていますね。

 

 

希望と異なる求人が紹介される

求人を紹介してもらったものの、希望と異なる求人が紹介されたというケースもあります。希望とは異なっているので、気に入らなければ応募しなくても良いです。しかしながら、希望と異なる求人が紹介されたということは、あなたが希望する条件を正しく伝えることができていないのか、あるいはキャリアアドバイザーがその条件を正しく理解できていないのか、どちらかの可能性が高いです。

 

この状況は、何もしなければ全く好転することはありません。したがって、まずは求人への応募を断ると同時に、その求人を断った理由をキャリアアドバイザーにしっかり伝えましょう。そして、改めてどのような条件を希望しているのか伝えるなど、自分から積極的に働きかけていくことが重要です。

 

このようにすれば、キャリアアドバイザーから紹介される求人は、希望する条件に合うものに近づくでしょう。希望通りの求人ではないからといって、ただ断っているだけでは状況は変わらないので、自分から動くことが大事なのです。

 

『JACリクルートメント』は、あくまでもあなたをサポートするのであって、あなた自身が転職をするということを忘れず上手く活用するようにしましょう。

 

 

希望通りの求人が紹介される

希望通りの求人が紹介されたのならば、すぐに応募しましょう。転職活動を始めて間もない場合などは、応募する際に悩むかもしれませんが、その間に求人が終わってしまうこともあります。条件が良い求人や大企業の求人は人気があるので、当然競争相手も多くなります。したがって、できるだけ早く応募することが大事です。

 

もし、求人の内容に疑問や不明点などがある場合には、キャリアアドバイザーを活用しましょう。『JACリクルートメント』では大量の情報を保有しているので、分かることであればすぐに教えてくれます。もしすぐに分からない場合でも、採用担当者に問い合わせてくれることもあるので、積極的に活用すると良いでしょう。

求人紹介を受ける場合のケーススタディ|JACリクルートメントの評判と口コミ関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
書類選考
面接準備と面接後
内定をもらう
就業可否を決める

このページの先頭へ戻る