転職先への就職を決めたら『JACリクルートメント』報告

内定をもらったら、条件をよく確認して、問題がなければ返事をしましょう。回答期限というのが決まっているはずですので、それを過ぎないように注意してください。入社の意志は『JACリクルートメント』に伝えれば大丈夫です。『JACリクルートメント』が企業側に伝えてくれ、それで正式に転職が決定します。

 

もちろん、今の仕事をいつ辞めて、あたらしい会社にいつから働き出せるかなどの細かい調整があるでしょうから、その辺も『JACリクルートメント』とよく相談してください。

 

内定をもらってもまだ決断ができない場合もあるかもしれません。そういった場合は、「入社前面談」や「条件面談」という、内定後に企業と話し合う機会を設けてもらいましょう。企業としても内定まで出したのだから、その人材にはぜひとも入社して欲しいはずです。面談を1回増やすぐらいなら善意でやってくれることが多いようです。その面談が最後で、それ以降は条件の交渉や疑問の解決などはできませんから、しっかりと確認してから入社を決断してください。

 

もしその面談の結果、やはり内定を辞退するという決断にいたる場合もあります。内定を断るのも『JACリクルートメント』がやってくれますが、きちんと理由を説明できなければいけません。とはいえ、内定を断るのはきちんと理由があればそれほど問題はありません。最悪なのは内定を受諾して入社が決まったあとに、それを辞退することです。

 

当然ですが、企業側としては新しい人が入ってきて人材が足りるようになったら、求人募集を終了するでしょう。それなのに急にキャンセルされたら、また最初から人を集め直さなければいけません。入社してくる人を受け入れる準備も少しずつ開始していることでしょう。デスクやパソコン、名刺やその他の備品を用意してくれていたとしたら、すべて無駄になってしまいます。物理的な無駄に限りません。任せる仕事や教育係を用意するために、多くの関係部署を調整していたのが意味がなくなくなります。

 

さすがに損害賠償を求められるということはないでそうが、大きな被害を与えることだけは知っておいてください。『JACリクルートメント』も、そのような問題を起こすような人物を紹介したせいで、一気に信用を失ってしまいます。今後、『JACリクルートメント』を利用して、転職活動を続けたいと思っても、あまり協力的ではなくなるかもしれません。

 

そもそも入社する気がない会社に応募するのが間違いですが、思ってたのと違うということもあるでしょう。今の会社を辞めようとしたら、待遇を良くするからと引き留められるということもあるでしょう。もし入社を断るのであれば、せめて内定をもらった段階で断るようにして迷惑が最小限ですむようにするのが礼儀です。

 

入社すると決めることは、最後の重要な決断になります。本当に今の会社を辞めていいのか、新しい会社で働きだしていいのか、よく考えて決断を下しましょう。

内定決定後の就職意思表示|JACリクルートメントの評判と口コミ関連ページ

会員登録・ログイン
転職カウンセリング
求人情報紹介
書類選考
面接準備と面接後
内定をもらう

このページの先頭へ戻る